Co-Creation 価値共創部

スクール革命 「クイズ!気になるモノの長さ」 ロケで使用するセーターをオリジナルで作成

2020年3月末日。会社の電話にて日本テレビの人気バラエティー番組”スクール革命”の製作を担当されている方よりお問い合わせがありました。

「解けるセーターを作成できませんか?」


スクール革命の人気企画。「クイズ気になるモノの長さ」にて、セーターの長さは何メートルという疑問に対しての検証をするために、実際売られているセーターを解いたのですがうまく解けずに、弊社へお声がけを頂きました。
そうです。実際売られているセーターは、着用時にほどけてしまわないように、解けないように作られています。

セーターは、1本の糸で編まれているので、作り方を工夫すると、解けるセーターが出来上がります。

「出来ますよ!」と即時お答えしました。

早速、来社頂き打合せを行いました。

打合せでは、解けるセーター案の構造を説明するために手のひらサイズのセーターを作成してご提案しました。どこから、解くか、どんなデザインをセーターを作るかなど、番組の見栄えを考慮して、アイディアを提案。先方様の要望も聞き、打合せを行いました。
ご提案時に使用したセーターはお持ち帰り頂き、社内打合せでは実際に解き、検討いただきました。

”スクール革命”の製作を担当の方からは、セーターについて説明を頂き、またオリジナルでのセーター作成も即返事いただけて助かりましたとの声を頂きました。

その後は、メールでのやりとりにて、デザインや色、解く方法を決めました。
サンプル用で1枚。本番用で1枚の計2枚を作成いたしました。

ロケで使用したセーターは、裾部分から、解けるように首まわりから編み立てました。袖までを編み立てた図。

製作期間、1枚1週間程度のでした。スケジュール的にはギリギリでしたが、ご希望に添えるように努力しました。

全て手作業ですが、棒針編みと家庭用編み機を使用しました。作成期間やデザインに合わせて、最適な作成方法で行います。

4月に頭に予定していたロケですが、コロナの影響にて6月に延期になりましたが、ロケでは、芸人の宮下草彅の草薙さんが着用頂き、セーターを解き、長さを検証。無事に放送日をむかえることができてほっしました。

放送日は、2020年7月5日(日)
芸人 宮下草薙の草薙さんが着用。セーターを解きながら、引っ張って走ること30分。「セーターの長さは?」答えは1184m。手作りと言うことより1km編んでることに感謝しなきゃ、とナイスなコメント。も頂きました。

TVロケ、CMなどでオリジナルのニット製品を作成をご検討している場合など、お気軽にお問い合わせくださいませ。

製品に関するお問い合わせ

Co-Creation 価値共創部 TOP

STITCH COLLECTION