STAFF

Kazuhito Tasaki

ニットアドバイザー

入社41年目

田崎一秀たざきかずひで

丸安毛糸に入社し、気づけば40年。入社時は倉庫から糸の出荷と近所のニット工場への配達の毎日でした。倉庫で糸に触れ素材を覚え、お客様のところを回ることでニットの縫製について学ぶことができました。現在はそれらの経験を活かし生産管理、在庫管理の仕事をしています。

丸安毛糸の取り扱う糸は素の状態でも素晴らしいクオリティですが、原料の特徴を知ることで糸の特性をさらに生かすことが可能になります。ウール100%でもよい生地は紡ぎ出せますが、ウールにモヘアを混紡することで光沢が生まれ張感の糸になります。ベビーアルパカを混紡することで風合いが良くなり、ぬめり感も出ます。合成繊維のバルキーアクリルを混紡すると膨らみが出て軽い生地となり、ポリエステルを混ぜることで糸の強度が増します。

原料を知り、それぞれの良さを組み合わせることで多種多様な素材を作ることができます。これが素材作りの面白さであり、40年間この会社で働き続けても飽きない理由の一つです。

スタッフ紹介 TOP