ファンシーヤーンをお探しのあなたへ

ファンシーヤーンをお探しのアパレル業界の方へ
ファンシーヤーンをお探しの一般の方へ

【ファンシーヤーン】

今回は、形状の変わった糸、ファンシーヤーン についてのお話です。

e257a107

意匠撚糸、別名ファンシーヤーンと呼ばれるものです。
意匠=デザイン
意匠撚糸=デザインされた糸 です。
名前の通り、糸の表面に色や形状の加工をし、特徴のある表情や風合い、装飾効果を持たせた糸です。

作り方は大きく分けて、2種類。
通常ですと、撚糸(糸を撚る)段階で形状を
作る場合と、紡績工程で形状を作る場合の
2種類です。
ファンシーヤーンは、
芯糸・・・芯になる糸
絡み糸・・・装飾糸
押え・・・装飾糸と芯糸を押さえてとめる糸の3つの糸で構成されています。
今回は、ループヤーンの種類をご紹介しようと思います。

ループヤーン・・・
糸の撚りの回数の差を利用した糸です。糸に撚りを加えると、糸はまっすぐな状態が維持できなくなり‘カール‘します。この‘カール‘ した状態が ループ(輪っか)になります。
芯糸と逆の方向に撚りをかけて、ループ を作った糸です。

このループヤーンを親として、従兄弟のような糸があります。
ブークレヤーン・・・ループが細かくなった糸
ジャンボループ・・・ループが大きくなった糸
タムタムヤーン(シャギーヤーン)・・・ループの部分をカットして、毛羽
をだした糸モヘアにもこの形状のものがあります。(タムタムモヘア)
カールヤーン・・・絡み糸の撚りを強くして、ループを角のようにとがらせた糸

ループヤーンの編み地の特徴は、肉厚で、軽くなります。
空気を多く含むからです。
ふかふかのタオルは、ループの先が膨らんで丸くなる。という状態と同じです。

ループの状態を維持するため、ハリのある原料を使うことが多くあります。
ですから、より空気を多く含んだ編み地になるのです。
度甘に編んでください。

春夏よりは、秋冬に多く使われる糸かと思います。
ジャカード柄に部分的に使われていることもよくあります。

  • 代表ご挨拶
  • 丸安ヒストリー
  • スタッフ紹介
  • メディア掲載
  • ニットの豆知識
  • よくある質問
お問い合わせ
来社予約
backtotop backtotop