アクリル

【アクリルのお話】

アクリルについてご紹介します!

アクリルは、化学繊維の中で、最もウールに似た性質を持っています。
ふっくらとした手触りと保温性を持っています。
染色堅牢度が非常に良い繊維ですので、他の素材との混紡がよくされます。

ウールライクのアクリルを作る場合
アクリルの長繊維に、ウールの特徴でありクリンプ
”クリンプ”(毛の縮れ・うねり)をつけ、カットして短繊維にします。

わざわざウールの繊維に似せているわけです。

やわらかさも自由に調節できる素材なので、 カシミヤのような柔らかいものから、モヘアのようなハリのある毛質まで、 似せて作ることが出来るのです。

アクリルの種類で、バルキーアクリルというのがあります。

細かく分けて、

・ハイバルキーアクリル
・ハイハイバルキーアクリル

の2つがあります。
その違いは・・・染色時のアクリルの収縮率です。

・ハイバルキーアクリルは、25%
・ハイハイバルキーアクリルは、40%

縮みます。

染色前と染色後の番手が変わります。
例えば・・・25%縮む場合

染め前2/64→染め後2/48

という感じです。
重さは同じで糸が太くなるということは、糸が軽くなったということです。

綿は、重さがある素材なので、アクリルを混紡して、軽さを出したりします。
アウターなど、目付けのかかるものは、バルキーアクリル混のものがおすすめです。

  • 代表ご挨拶
  • 丸安ヒストリー
  • スタッフ紹介
  • メディア掲載
  • ニットの豆知識
  • よくある質問
お問い合わせ
来社予約
backtotop backtotop