憧れのヴィキューナ

獣毛のなかでもっとも高級といわれる「ヴィキューナ」のお話です。

数年前からよく耳にするようになった「ヴィキューナ」は、カシミヤよりも
やわらかいととても話題になりましたが、なにせお高いのです!
普通のアルパカが、糸1kg 5,000円とするとヴィキューナは1kgウン十万円・・・・!

なぜそんなに高いのかといいますと・・・・
まず、なぜアルパカと比べたかと言うと、同じキャメル科の仲間だからです。

アルパカは世界に400万頭位いるといわれます。
それに対してヴィキューナは15万頭しかいません。
ヴィキューナはとっても臆病なので、家畜化が難しいそうです。

ヴィキューナはキャメル科のなかでもとても小さいので、アルパカが一頭
から2kg〜5kg毛がとれるのに対してたったの250gしかとれません。
しかし、ただ希少価値で高いだけでなく、毛の太さもカシミヤが14〜16
ミクロン位なのに対して、ビキューナは10〜14ミクロンととても繊細です。
一度さわるとはなしたくなくなってしまうほど気持ちがいいんです。

その毛は世界でもっとも繊細な獣毛と言われています。
だから高いんですね。

でもいつかは、
ヴィキューナ100パーセントのストールがほしいものです・・・。

※この原料の取扱いございません。こんな素材もあるよ。というご紹介まで。

9f6bad8e

  • 代表ご挨拶
  • 丸安ヒストリー
  • スタッフ紹介
  • メディア掲載
  • ニットの豆知識
  • よくある質問
お問い合わせ
来社予約
backtotop backtotop