キヴィアック

麝香牛(ジャコウウシ)ってご存知ですか?

一度展示会で見たときに、びっくりするほど高かったのが印象的でした。

そのジャコウウシから採れる産毛「 キヴィアック 」について調べてみました。

「 キヴィアック 」とは、ジャコウウシの外毛の下にある細くて暖かい、柔らかな産毛のことをさします。

ジャコウウシは地球上でもっとも寒かった氷河期の時代から現代まで生き残った一番大きな草食動物です。

ジャコウウシの毛皮は、長くて粗い保護毛(外毛、刺毛)の下に繊細で柔らかな下毛(産毛、これが「 キヴィアック 」です!)が高密度に生えている二重構造になっているので、氷点下40℃〜60℃という極寒の中でも生きられるんですね。

そんなジャコウウシは、マンモスの傍らで草を食べていた時代からほとんど進化することなく、現代でも北極圏に生息しています。

「 キヴィアック 」の繊維はカシミアよりも細く、なめらかで、光沢があるのが特徴です。

年間の捕獲量がカナダ政府によって厳重に制限されているため、とても希少な素材です。

正直なところ私も実物を見たのは何年か前の展示会が最初で最後で、お値段もびっくりするほど高かったのを覚えています。

(確か10万/kg位だった気が・・・)

私の知る素材のなかでは、ヴィキューナの次にびっくりするプライスです。

いつか着てみたいものです・・・。

※この原料の取扱いございません。こんな素材もあるよ。というご紹介まで。

431a66a5

  • 代表ご挨拶
  • 丸安ヒストリー
  • スタッフ紹介
  • メディア掲載
  • ニットの豆知識
  • よくある質問
お問い合わせ
来社予約
backtotop backtotop